フリーランスは仕事で成長する

ITのフリーランスとして働くためには、自分のスキルや興味に見合った仕事の依頼を請け負っていき、クライアントに対して満足を与えられることが重要になる。
自分にとって明らかにスキルオーバーな仕事を請け負ってしまって、不完全な製品を納入することになってしまったり、納期に間に合わなくなってしまったりすることは信頼関係を傷つけることになってしまい、その後の仕事獲得に大きな影響を及ぼすことになるからなのである。

こういった仕事内容と自分のスキルとのマッチングは、エージェントを介して仕事を獲得している場合にはそのエージェントが担ってくれているのだろう。
しかし、エージェントが自分についてよく知ってくれているから大丈夫であろうと考えてしまうのはもったいないことなのだ。
自分で営業活動を行って仕事の獲得を行っている場合には、自分でマッチングを行っていることになるが、自分のことは自分が最もよくわかっているからといって漫然としてしまうのもまたもったいない状況なのだ。

最初はそれでよいかもしれませんが、仕事を通して経験を積んでいくことにより通常は成長を遂げていくものであり、思っているよりも自分のスキルが向上していることもよくあることなのである。

そういった状況になっていれば、より高見を目指して仕事を請け負って行くことができる。定期的に自分の能力を見つめ直し、エージェントともコンタクトをとって、今の自分を知ってもらうことが重要なのである。
エージェントを活用しての案件獲得に関する疑問や不安は<フリーランスのお仕事発掘サイト!【ベストマッチング】>で解決できるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です