企業への提案力がフリーランスに重要

ある特定のIT企業に所属せずに、自分自身の能力を必要としている企業に出向いて仕事を行うスタイルのことをフリーランスと呼び、現在このスタイルで仕事を行っているエンジニアが増えている。

このような業務を行なうエンジニアが企業に対してアプローチを行い、エンジニアと企業の間において提携を結ぶことをマッチングと呼ぶ。このマッチングをスムーズに進行するためには、エンジニア側が色々な工夫を行う必要があるのだ。

エンジニアが企業から認められやすくなるためには、エンジニアが企業に対して魅力を持ってもらえるような自己PRを行う必要があるだろう。この自己PRを行う際に交渉材料になりやすいものが、エンジニアが取得できる国家資格なのだ。このような自己PR材料を相手にアピールすることにより、交渉をスムーズに進められることが少なくない。

また、実際に企業から認められ、マッチングを進行させていく場面において、企業に対して業務内容を提案する必要がある。
フリーランスとして働く場合には、あくまで機械的に仕事を行う既存の社員とは全くといっていいほど異なる。
自分自身で問題提起を行いながら、企業に対して必要な仕事がどのようなものかを見つけ出して提案するチカラが必要なのだ。
このような企業とのコミュニケーションを円滑に行うスキルを身に付けておくことができれば、フリーランスのエンジニアとして大きく前進し、さらに仕事が舞い込んでくる可能性が広がるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です